スキップしてメイン コンテンツに移動

書評 沼畑直樹「最小限主義。」



最近話題のミニマリズム本の一つである。ミニマリズムという言葉は最近になって使われ始めたものなので、いろいろな人がいろいろな意味で使っている。本書におけるミニマリズムは、「余計なものを取り去って今この瞬間に感覚を研ぎ澄ますと、絶対的幸福感が残る」というもので、それは第2章に端的に表れている。

本書は共感できる人と共感できない人にはっきり分かれるのではないか。夕日や空を見て美しいと思える人は共感できるだろうし、そうでない人は共感できないだろう。夕日や空を見て美しいと感じるのは理屈ではなく経験に根ざした感覚なので、どんなに言葉を尽くして理詰めで説明しようとしても説明しきれるものではない。気の利いた考察や高尚な教えを自分の外に求める人は失望するだろう。いわば、文字で書かれた写真集のような本であり、そこから何を感じ取るかは各人次第である。

なお、何を見て美しいと感じるかには個人差があるので、言葉尻だけを捉えて「すべての人は夕日を美しく感じなければならない」と捉える必要はない。著者にとってはたまたまそれが夕日だったから自らの経験に根ざしてそう語っているまでのことであり、人によっては清冽な空気の向こうに青く霞む山並を見て似たような経験をするかもしれないし、野に佇む草花に美しさを見出す人や、水路を流れる水を見て美しいと感じる人もいるかもしれない。大切なのは自分が何を経験し、どう感じたかである。

本書における「ミニマリズム」は決して「物を捨てることを目的とする」ものではないし、ましてや「貧乏生活を押し付ける」ようなものでもない。物を捨てることを目的としていないので、「物を捨てる方法」みたいな実践的なノウハウは書かれていない。そもそも、物なんて持ちたければ持てばよいし、持ちたくなければ持たなければよいし、自分のやりたいように自分で決めれば済むことで、他人に物の捨て方を教わろうという発想の方がどうかしている。自分が何を持つかすら人に決めてもらうような人は、本に「死ね」と書いてあったら本に書かれた通りに死ぬのだろうか。

本書におけるミニマリズムはむしろ、余計なものを取り去った後に残る豊潤な時間と空間を味わうものである。「我慢する」のではなく「味わい尽くす」のである。豊潤な時間と空間以外のものがミニマルであるに過ぎない。一見何も無さそうに見える時間や空間も、感覚を研ぎ澄ませてみると、いろいろなものが伝わってくる。しかしあいにくそういう精妙なものはノイズにかき消されやすい。ノイズというのは騒音や余計な視覚情報といった物理的なものだけでなく、他人の考えや自分の観念も含まれる。そのようなノイズを最小化するのが本書におけるミニマリズムである(「モノを減らすべきだ」といった観念や「モノは最低限であるべきだ」といった観念もまたノイズなので、そのような観念に捕らわれるのは本書におけるミニマリズムのありかたとは異なる)。そうしているうちに、「他人の言葉で語るのではなく、自分の経験に根ざして自分の言葉で語る」「自分自身の人生を生きる」という、シンプルだけども大切なことが見えてくる。

自分の経験に根ざして自分の言葉で語ったものは、自分が経験した範囲や自分の語彙に制約されるので、もしかしたら稚拙かもしれない。しかし稚拙であることを恐れて他人の考えや他人の言葉で飾り立てたら、いつまで経っても人生の主導権を自分の手に取り戻して自分の人生を生きることができない。他人の考えや他人の言葉で塗り固めたからといって、それらの他人の考えや他人の言葉が自分の人生に責任を取ってくれるわけではない。

そういうものなので、本書の第1章や最終章のように、ミニマリズムという概念をもとに何らかの法則を見出そうとしたり天下国家を語ろうとしても切れ味が出ない。本当に大切なものは意外とシンプルだったりするのだが、それはいろいろな知識を詰め込んだり一生懸命に物を考えることによって得られるものというよりもむしろ、余計な観念を一つづつ取り去った後に残るものだからである。意外と身近な所にあって、しかも誰にで平等に与えられているにも関わらず、ノイズにかき消されて気が付きにくい。既に身近な所にあるものに気づくだけでよい。

もし本書を手にする機会があったら、騙されたと思って、何も考えずに普段なかなか眺めることのない空を眺めてみてほしい。本書を通じてそういう経験をするきっかけになればと思う。

このブログの人気の投稿

佐久から岡谷までの国道142号のルートに高速道路がほしい

佐久から岡谷にかけての国道142号は3桁国道でありながらかつての中山道のルートで本来ならば国道21号と同じくらいの扱いであってもおかしくないのに、沿線人口が少なく交通量がさほど多くないことが、長野県内で完結していることから3桁国道扱いである。しかし、北関東から西日本方面への最短ルートに位置しているためトラックの往来が多い。岡谷から先は塩尻峠を越えて国道19号、国道21号とほぼ中山道のルートが下道最短ルートである。そのため、夜中になると大量のトラックが通過しているらしい(夜中にこの区間を走ったことが無いので直接確かめたことがない)。 この区間をGoogle Mapで検索したりカーナビで検索したりすると、国道142号経由に加えて更埴JCT経由の高速道路ルートや、国道254号三才山トンネル経由のルートもヒットするが、三才山トンネル経由のルートは所要時間がかかりすぎて競争力が無い。高速道路経由との比較は以下の通り。 インターチェンジの外を起点・終点とする場合、国道142号経由で1時間16分58.4km高速経由で1時間27分121km。国道142号経由の場合には新和田トンネルの通行料金のみ(普通車620円、付近のコンビニで回数券を購入すると560円)。高速経由の場合には、休日割引でも普通車2250円。ただし高速を通しで乗る場合にはターミナルチャージ150円x2が不要なので実質的な料金差は1390円だし、どちらでも所要時間は1時間20分程度になるので、所要時間に差はない。しかし高速代や燃料代の高い大型車にはインパクトがあるので、大型車が国道142号ルートを好むのは理解できる。 中央道が渋滞するときの迂回路としても使えるが、中央道で渋滞が無いときに比べて1時間ほど余計にかかる(裏返せば、中央道が1時間以上渋滞する場合には国道142号経由の迂回ルートとして機能する)。佐久南インターから岡谷インターまでの一般道区間も高速道路だったらこの区間の所要時間が80分から40分程度に短縮されるだろうから、そうすれば中央道経由に比べて20分余計にかかるだけになって中央道の渋滞に影響されずに通年で安定して走行できるし、一般道走行が不要になる分走りやすくなる。高速道路ではなく地域高規格道路だったら所要時間60分くらいだろうか。中部横断自動車道の八千穂以南を建設するくらいだったら、こちらの

松本から上田までの無料一般道ルート

2020年9月1日から国道254号の三才山トンネルと松本トンネルが無料になり、すでに無料化していた平井寺トンネルと合わせてすべて無料になった。今では素直に国道254を経由するのが無料最速である。 --------------------------------------------- 松本から上田まで移動することになったのでカーナビで検索したら、最初は松本インターから上田菅平インターまで高速道路経由と案内された。それだと料金が割高なだけでなく遠回りになるし、上田菅平インターから上田市内までの時間もかかるので、一般道優先で検索してみたところ、以下のルートを案内された。 松本から田沢まで国道19号 田沢から麻績まで国道403号 麻績から青木まで県道12号 青木から上田まで国道143号 松本から麻績まで高速道路を利用すると平日970円休日680円となり、休日なら国道254号ルートとほぼ同じ料金である。 松本上田間の定番は国道254号経由なのだが、この区間には有料道路が3か所あり、松本トンネル(100円)、三才山トンネル(普通車510円)、平井寺トンネル(普通車200円)と計810円かかる。しかもETCが使えないのでいちいち料金所で現金で払うか、手前のコンビニで回数券を購入する必要がある(回数券のばら売りだと少々安くなる)。平井寺トンネルを迂回することもできるが、それでも610円かかる。 本来松本と上田とを結ぶ国道は国道143号のはずだったのだが、青木峠区間の酷道が一向に改良されないまま国道254号の三才山トンネルが開通してしまったため、都市間道路として機能していない。最初にカーナビで出たルートは、この青木峠を迂回するルートである。 上記5ルートの所要時間(Google Map)と料金(普通車)と距離は以下の通り。 高速道路経由:1時間3分(うち高速道路53分) 平日2070円休日1450円 79.0km 国道254号経由:1時間3分 810円 46.0km 麻績まで高速道路、青木経由:1時間10分(うち高速道路22分) 平日970円休日680円 61.9km 麻績青木経由:1時間30分 無料 63.0km 国道143号経由:1時間22分 無料 54.8km やはり有料ルートだと国道254号ルートが最も有利であ

中野駅配線改良案

【現状での課題】 発着番線がバラバラでわかりにくい。 緩行線新宿方面行きは2番線または5番線発。三鷹方面へは1番線発、3番線発、または6番線発。東西線は4番線または5番線発。次の列車の発着番線を階段下の電光掲示板でいちいち確認しなければならない。 対面乗り換えができない。 緩行線と快速との対面乗り換えができないばかりでなく、緩行線と東西線との対面乗り換えもできない。緩行線中野止まりの列車から三鷹方面への乗り換えは2番線から3番線への移動が必要。東西線中野止まりの列車から三鷹方面への乗り換えは4番線から1番線への移動が必要。緩行線上りから東西線への乗り換えは5番線から4番線への移動が必要。緩行線上り東西線直通列車から緩行線上り新宿方面への乗り換えは5番線から2番線への移動が必要。すべて階段の昇り降りが伴う。 中野駅での乗り換えの不便さから派生する杉並三駅問題。 高円寺、阿佐ヶ谷、西荻窪から新宿方面に行く場合、中野駅で快速に乗り換えるのも、東西線直通列車から緩行線に乗り換えるのも不便であり、新宿志向の強いこれらの駅で快速が通過すると極めて不便になる。そのため、快速列車がこれらの駅に停車せざるをえなくなり、快速の所要時間が増大し、遠方からの旅客の負担になっているのに加え、特別快速や特急のダイヤも制約される。 【背景】 緩行線の車庫の存在。 大正時代に両国から中野までの線路が建設されて以来、中野が総武線からの乗り入れ列車の終点であり、車庫も中野にあった。現在は検修機能は三鷹に集約されているものの、留置線は引き続き使用されている。なお、三鷹の車庫はもともとは快速線用として建設されたもので、豊田に快速線の車庫ができた際に緩行線の車庫になった。 総武線側と中央線側の旅客数の違い。 比較的混雑する総武線側は列車本数が多く、しかも都心側で折り返し可能な駅が中野と三鷹しかない。一方、中央線側は乗客数が少ないため、輸送力を調整する必要がある。現状では中野を境に輸送力に大きな差をつけているが、緩行線の利便性を向上して乗客数を増やせば中野での折り返しが必要なくなる。 東西線と緩行線の両方に中野駅折り返し列車が存在する。 そのため、緩行線の2面3線のホームが東西線の島式ホームを挟み込む形になっている。2番線は主に中野での折り返し列車向けに使われているが、車庫への入出庫用